Camera
Solutions

監視カメラ導入サービス

1番のリスクは、

リスクを考えない事!!

防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラ
これまで以上に需要が伸びてきています。
その要因は
・セキュリティツール
・ビジネスツール
・コミュニケーションツール など
と幅広く利用用途が増えてきているからです。

ネットワーク環境が整っている場所であれば、
画像だけではない音声や情報データまで
インターネットを通じてどこでも映像が確認できるようになりました。

防犯設備士保有資格者が現場リスクを洗い出し
IT技術者が最適なカメラ設定を行います

業務用・企業向けおすすめカメラ

AXIS社

m3044-v-removebg-preview.png

M3044-V

31fjWeSUGcL-removebg-preview.png

M2025-LE

m3104-lve-removebg-preview.png

M3104-LVE

・屋内カメラ

 ・赤外線機能付き(15m)

 ・画角(115℃)

 ・IP66およびNEMA 4X準拠

​ ・PoE給電

・屋外カメラ

 ・赤外線機能付き(15m)

 ・画角(水平80℃・垂直45℃)

 ・IP66、NEMA 250 Type 4X  

  およびIK08準拠

​ ・PoE給電

・屋外・屋内カメラ

 ・赤外線機能付き(15m以上)

 ・画角(水平80℃・垂直45℃)

 ・IP66、NEMA 250 Type 4X  

  およびIK08準拠

​ ・PoE給電

​NSS

アルコム

npd-2065mf-removebg-preview.png
npb-2065bm-m-removebg-preview.png
rd-ci524_1-removebg-preview.png

NPD-2065MF

NPB-2065BM-M

RD-CI524

・屋外カメラ

 ・赤外線機能付き(30m)

 ・水平95°×垂直50°~

  水平35°×垂直19°

 ・PoE給電

 ・MicroSD対応

・屋内カメラ

 ・赤外線機能付き(10m)

 ・水平96°×垂直54°

 ・PoE給電

 ・MicroSD対応

・屋内カメラ

 ・赤外線機能付き(15m)

 ・180度(壁)、360度(天井)

 ・PoE給電

 ・MicroSD対応

一般家庭用向けおすすめカメラ

rd-4640-removebg-preview.png

RD-4640

アルコム

その他、機種も多数取り揃えてあります。詳細はお問合せ下さい

以下にネットワークカメラで作る、いくつかの設置例を紹介します。 

 

1.オフィスの場合

オフィス内には貴重な顧客情報等多数の重要な資産が存在します。
貴重なデータや書類等を社外関係者や・社内関係者の手によって

外部に流出させない為にも防犯カメラの設置で会社の資産を守りましょう。
防犯対策をしっかりしなければ、企業の資産やデータ、顧客データまで盗まれてしまいます。
オフィス内に防犯カメラを設置することで防犯対策となるだけでなく、

業務が効率化される場合もあります。


2.農園(ハウス)の場合
マンゴーやメロン等の価格が高い作物は特に盗まれやすく、果樹を中心に全国で盗難が

多発している状況です。
作物を管理している場所全てに監視カメラを設置できれば良いのですが、予算上なかなか難しいと思います。
果樹園などであれば園の周りをフェンスなどで囲い、入り口を監視できるカメラと全体を監視できる

広い視野角を確保できるカメラ、加えて農機具置き場などに設置するという具合に効率的に設置する

必要があります。

 

3.店舗の場合
万引きや内引きなどのトラブル防止。
というイメージが強かった防犯カメラも使い方が変わってきており、レジに設置することで、

お客様からの言いがかりを防ぐ事が出来たり従業員を守ることもできます。
また、録画した映像を見返し接客態度を見直すことで、従業員の教育に役立てている企業もあります。

お客様の来店状況からシフトを組み、業務効率・人材教育など幅広い用途で使用されています。
遠隔監視機能を備えた機種も多くなり、経営者が現地へ行く手間もなくなり、
映像から陳列などの指示もすぐに可能となるので、業務効率の向上にも利用できるようになります。

4.宿泊施設の場合
宿泊客とのトラブルに留まらず、強盗や置き引き、不法侵入など犯罪も多様化し、宿泊施設側にも厳重な警戒が求められています。宿泊客の安全と信頼を守るため、今や防犯カメラの設置は必須となっております。
一棟貸しの施設等では、経営者が居ない事を利用し予約者以上の人数で宿泊するケースも多々あるようです。

部屋内での設置はプライベートの関係上設置が困難ですので、玄関等の出入り口に設置し、不法侵入などを防ぐ必要があります。


5.倉庫の場合
建設業や土木事業者には様々な重機や道具等を保管しています

人がいない時間帯を狙って資源(鉄製品や銅製品)などを盗み転売する犯罪も全国的に増えています。

特に人通りが少ない場所に倉庫や資材置き場は犯罪者にとっては好都合なので、入り口を監視できる

カメラと倉庫内を監視できる広い視野角を確保できるカメラという具合に効率的に設置する必要があります。


6.自宅の場合
ご家庭用の場合は導入目的は若干異なる用途でも利用できます。
例えば、高齢者一人での生活者が増えており子供は離れて生活している為、急に倒れたりした際に誰にも気付かれずに放置されてしまうのはとても心配です。

家庭内での事故、急な病気など、本人からの家族への連絡が出来ない場合など、定期的なご家族のモニタリングは、緊急事態を把握する為の助けにもなります。
防犯の意味も含めて玄関や勝手口等に設置することで、空き巣などの犯罪抑止効果も得られます。

camera.jpg